評判の二重まぶた化粧品で自前の二重を手に入れる
HOME >  本物の二重になれる最短コース >  プチ整形の「最短2週間コース」

プチ整形の「最短2週間コース」

「二重まぶたを作る化粧品ランキング」管理人

どうしても二重にしたくてプチ整形を考えたこと…きっとみんなありますよね。たしかに簡単に二重になれる整形は魅力!でも、ちょっと怖い…というのが本音だったりします。

ここでは、二重整形(埋没法・切開法)についてお勉強していきましょう

元に戻せるプチ整形といえば「埋没法」

まずは、整形の中では最も手軽といわれる「埋没法」

埋没法には、まぶたの二カ所を糸で留める「二点留め」と、さらに真ん中の一カ所も追加で留める「三点留め」という方法があります。
「切開法」との大きな違いは、糸をはずせば元に戻るというところです。

もちろん縫い目は、まぶたの裏側からプチッと一針縫うように結ぶだけなので、表からは糸は見えません。手術時間は10分程度とスピーディ。もちろん日帰りでもできます。費用は美容整形外科によってピンキリですが、5万円~20万円程度が一般的かな~と思います。

また、美容外科のサイトによるとダウンタイムは0日で、次の日から目をぬらさない洗顔と、メイクが可能なのだそうです。あくまで美容外科サイトによると、ですが

毎日アイプチなどでメイクタイムに手間をかけるのが嫌だけど、(将来的に戻したくなったらどうしよう)(失敗したらどうしよう…)という不安がある人、(いかにも整形した!という感じではなく、自然な感じのラインがよい)という人は、こちらのタイプの手術を選んだ方がよいでしょう。

一生ものの二重ラインなら「切開法」

一方で「切開法」は、くっきりした二重まぶたになりたい!という人におすすめの手術。
だけど、まぶたを切開して余分な脂肪を取ってから縫合するので、半永久的に元には戻せないと考えてよいでしょう。

たとえ、思っていたラインと違う…なんて仕上がりに不満があって、訴訟問題にまで発展したところで、ラインの修正はきかないのです。

そのため、切開法の手術をするなら、クリニックを慎重に選び、とことん担当の先生に理想のラインを伝えて、コミュニケーションを取ってからのオペをおすすめします。

切開法の手術費用は、10万円~40万円程度。手術時間は「埋没法」の倍程度で20~30分で終わり、整形外科によっては日帰りも可能です。ダウンタイムは、最低でも2週間。実際には腫れや肌の赤みは個人差があって、もっと日数がかかる人も多いようです。

~プチ整形のダウンタイムや口コミを調査~

正直、私の友人にも目のプチ整形をしている人が、何人かいます。率直に感想を聞いたところ、「めっちゃくちゃ痛い!」は全員の意見。

  • 「縫うだけとはいえ目だから怖いし、麻酔をしたりするから、やっぱり『ザ・整形手術』って感じの世界だったよ」(Nちゃん)
  • 「整形を悩んでいた間は、あれこれ先生も相談にのってくれたけど、手術が終わったらさっさと部屋をでていって、看護婦さんから『はいさよなら』って、さっさと帰らされて終わりだったよ~。安い美容外科でやったからかなあ…」(Kちゃん)

私の周りはみんな「埋没法」らしいんだけど、気になる仕上がりは…といえば、半年経ってもチョット不自然(ゴメン!)。これ、リアルな話です

本人たちは、「化粧がラク~」と気に入っている子もいますが、「やっぱりラインがクッキリすぎて変…」と糸を取りに行った友達もいます。

彼女は、ラインが戻るといわれて埋没法を選んだにも関わらず、「元に戻したい」と相談すると、「どうせ跡がついているから戻らないと思う」「糸をはずす方がめちゃくちゃ痛いからおすすめしない」など、けっこう脅かされたよう。「元に戻せる!」という謳い文句で決断したのに(怒)!と、とても怒っていました

ネットでの口コミを見ていると、やっぱり

  • 「痛かった」
  • 「麻酔が超痛い」
  • 「はれが酷くて次の日からメイクができるなんて嘘。会社にも行けない」
  • 「腫れや赤みなどのダウンタイムは、実際には1~3ヶ月は見ておいたほうがいい」

という意見が多し。確かに、「プチ整形」を考えるなら、仕事や学校が長期的に休みだったり、外出を長期間控えられる時が良いかもしれませんね!